春はお花見(上品蓮台寺編)

月曜日, 4月 14, 2014

京都府立植物園の次にご紹介するお花見スポットは、上品蓮台寺です。


聖徳太子が創建したと伝えられているこのお寺は、応仁の乱で一度焼失した後、豊臣秀吉の帰依を受けて復興し、12の子院が建てられました。
このことから、子院が3つのみとなった現在でも「十二坊」の名で親しまれています。




ここは観光客の方もほとんどいない、ご近所の人が訪れるような穴場のお花見スポットです。
でも、「そうだ 京都、行こう」のサイトで、このお寺が紹介されていてびっくり!

桜の数は多くないですが、ゆっくり静かに桜を楽しめるのがいいところです。
見に行ったのは、ちょうど満開のころ。境内でカメラを持った方を何人か見かけました。

本堂前の枝垂桜がきれい

はんなりとしたピンクの花びら

駐車場横の桜も見事です

今週に入って、だいぶ桜も散り始めてきました。
桜の時期は長いようで短くて、いつもちゃんとお花見できないまま終わってしまうことが多いのですが、今年は3ヶ所もお花見ができてよかったです。

上品蓮台寺
京都市北区紫野十二坊町33-1
拝観時間 9:00〜17:00

You Might Also Like

0 コメント

Popular Posts

Like us on Facebook

twitter