行ってきました!「大徳寺塔頭・秋の特別公開【興臨院編】」

土曜日, 10月 26, 2013

本坊の曝涼にあわせて、塔頭の特別公開も見に行ってきました!

今年の秋は、興臨院、黄梅院、総見院の3つの塔頭が特別公開されています。

まずは、興臨院へ。

興臨院は、加賀前田家ゆかりの寺院。
表門、唐門、本堂は重要文化財に指定されています。



なんだか天井が低い?と思ったら、やっぱり!
本当に天井が低くて、それが室町時代の建築様式の特長なのだそう。

方丈の中に入って、まず目に飛び込んでくるのが、枯山水庭園。
蓬莱山をイメージして作ったという庭園は、奥にある石橋の下を通って、水が手前の大海へ流れ出る光景を表しているのだそう。また、そういうふうに仏の教えが広がっていくことを表しているとも。なるほど…。

案内スタッフの方から「どのお寺でも、檀家さんをお通しする檀那(だんな)の間から見る庭園が一番美しいんですよ」と教えてもらいました。へええ。

庭園に続いて、くるっと方丈を案内していただきました。

その途中、庭の片隅に植えられている木の前で、さっと、胸ポケットから葉っぱを取り出して見せてくださいました。
ん?よく見ると、何やら文字が書かれているような…。

植えられている木は「貝多羅樹(ばいたらじゅ)」といって、なんと、葉っぱに尖ったもので傷をつけると、それが黒く跡になって残るため、昔は、この葉っぱに経文などの文字を書いていたそう!まさに「葉書」ですねー。

あとは、書院の間に日本最古といわれる床の間がありました。

そして、最後に茶室「涵虚亭(かんきょてい)」へ。
茶室の中には入れなかったのですが、水屋から結界越しに中を見ることができました。

躙口までの美しい露地

古田織部好みの四帖台目隅板付き。床は洞床。
貴人口があり、窓も多く天気もよかったので、室内は明るかったです。

つやつやとした緑も美しいですが、紅葉が色づくころに、また来たいなあ。


大徳寺興臨院 平成25年秋季特別公開
10月12日(土)~12月15日(日)
10:00~16:00受付終了
大人 600円
※興臨院・黄梅院・総見院 三ヶ寺共通拝観券 1,500円

You Might Also Like

0 コメント

Popular Posts

Like us on Facebook

twitter