行ってきました!京都芸術センター「dreamscape ─ うたかたの扉」

火曜日, 9月 10, 2013

岡崎公園から臨時シャトルバス「岡崎ホコテン&京まふ号」に乗って、次に向かったのが…。

美術、音楽、ダンス、伝統芸能など、さまざまなジャンルのイベントを開催している「京都芸術センター」。
ついこの間も、大広間で開催された「柳川三味線による地歌の会」に行ってきたところです。

閉校した明倫小学校の建物をほぼそのまま生かして作られているので、廊下を歩いているだけで、目に映るもの、匂い、すべてに、ただただ懐かしい気持ちになります。

窓の外はグラウンド

図書室や情報コーナーの他に、カフェ前田珈琲の明倫店も入っていて、のんびり過ごすことができます。

1階廊下。廊下にも椅子が置いてあります。

今回の目的は、夏休み企画展『dreamscape ─ うたかたの扉』。




夏休みには、〈いつも〉と違う何かが待っている。本展では、夏休み=“非日常の世界への扉が開く特別な期間”として、大西康明、松澤有子の2人の作家が表現する「日常の一歩先にある〈もう一つの世界〉」を展覧します。それぞれの作家が表現する世界から「想像のヒント」をもらって、〈もう一つの世界〉への扉、開けてみませんか。

どちらの作品も、白と黒、光、そして思わずさわってみたくなるような繊細な造形が印象的でした。
あとは、そのときいっしょに見ていた他の方たちと、同じ空間にいていっしょに同じものを見ているのに、なんだか違うものを見ているような、そんなふしぎな感じもして、おもしろかったです。

小学校の建物の中の、ある部屋に入ると、そこに別の世界が広がっている。
展示会場として、これ以上ぴったりの場所はないんじゃないかなあ?なんて思いながら見ていました。

もしかして、建物内でちょこちょこ見かけた葉っぱたちは、8月に開催されたワークショップ「なぞの植物:あったらいいなの芽」の作品だったのかなあ?
葉っぱと、その葉っぱにまつわるエピソードを読んで歩くのが楽しかったです。


夏休み企画展『dreamscape ─ うたかたの扉』
8月3日(土)~9月16日(月)
10:00~20:00
※会期中無休・入場無料

京都芸術センター
〒604-8156 京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546-2

You Might Also Like

0 コメント

Popular Posts

Like us on Facebook

twitter