新緑の京都を楽しめるお茶席をご紹介します!

土曜日, 4月 27, 2013

もうすぐ5月。
京都のあちこちで、一段と木々の緑が濃く、そして色鮮やかになってきました。
先生のお宅の露地にも、ついこの間まではいなかった植物がすくすくと伸びていて、びっくり。
生命力あふれる季節の訪れを実感しました。

そんな清々しい新緑の京都を楽しめるお茶席をご紹介します!
春の桜、秋の紅葉ももちろんすてきですが、初夏の新緑も本当におすすめですよー。



●青連院門跡 茶室「好文亭」特別公開
5月5日までの土・日・祝日に、茶室「好文亭」が特別公開されます。
この期間中、正式なお茶のお点前を楽しむことができます。
ジーンズなどの軽装でも大丈夫だそうですので、旅行中でも気軽に立ち寄れますね。

3月20日~5月5日の土・日・祝日
10:00~15:30
特別拝観料 1,000円(抹茶または煎茶、お菓子付)
※別途、従来の拝観料が必要です。
http://www.shorenin.com/


●細見美術館 『伊勢物語』八橋の景
茶室「古香庵」のテラスに水を張り、そこに杜若が活け込まれます。
さざめく水面を眺めながら、お抹茶をいただけるなんて、すてきですね。
現在開催中の展覧会「しむらの色 KYOTO展」にあわせて作られた、松彌の限定生菓子『裂遊(きれあそび)』(お抹茶付1,000円)をぜひ。

4月29日(月)~5月6日(火)
11:00~17:00
http://www.emuseum.or.jp/


●高台寺「新緑茶会」 ※要予約
いろいろ趣向で四季折々の特別茶会が行われる高台寺。
5月の2日間、新緑茶会が開催され、清々しい若葉の中、茶室「玄路庵」で薄茶をいただけます。

5月18日(土)、19日(日)
受付 16:00~
料金 2,500円(拝観付)
※要予約 075-561-9966
http://www.kodaiji.com/


●大山崎山荘美術館「第22回大山崎春茶会」
新緑がまぶしい大山崎山荘美術館で、庭園の花々を愛でながら、通常は非公開の茶室で中国の春の新茶を楽しめる茶会です。
なお、当日は、お気に入りのおちょこくらい大きさの茶杯をお持ちになってご参加くださいとのこと(茶会受付でも購入できるそうです)。

ちなみに、大山崎駅からレトロなトンネルを抜けて美術館まで歩いているうちに、まるで小説の世界に迷い込んだ気分になるところも、この美術館の魅力のひとつだと思います。

5月18日(土)、19日(日)
10:30~16:30(受付10:30~15:30)
参加料 1,500円、中学生以下は無料
http://www.asahibeer-oyamazaki.com/

※予約不可で、整理券が配布されます。詳細はこちらをご覧ください。


●瑠璃光院 春の特別拝観
比叡山のふもと・八瀬で、いにしえから「やすらぎの郷」として愛されてきた瑠璃光院。
秋の紅葉が有名ですが、一面に緑色が広がる春の特別拝観もおすすめです。
お茶席からも、瑞々しい苔のじゅうたんが広がる「瑠璃の庭」を見ることができます。

3月20日(水・祝)~5月31日(金)
10:00~16:00(受付終了)
抹茶 800円(※別途拝観料 一般500円)
http://rurikoin.komyoji.com/


●宝厳院 春の特別拝観
以前にブログでご紹介した宝厳院
嵐山を借景として巧みに取り入れた回遊式山水庭園「獅子吼の庭」が特別公開されています。
ふかふかの苔に、二百数十本ある青もみじは、あのときより、きっとずっと色鮮やかになっていると思います。

3月16日(土)~6月30日(日)
9:00~17:00(16:45受付終了)
お抹茶、あめ湯 各500円(お菓子付)(※別途拝観料 大人500円)
http://www.hogonin.jp/


●宝泉院
客殿の柱や鴨居を額縁に見立てて、まるで絵画を眺めるような「額縁の庭園」で有名な宝泉院。
お抹茶と銘菓「ひととき」をいただいて、ほっこりゆったりとした時間を過ごせます。
庭の名前は「盤桓園(ばんかんえん)」。立ち去りがたいという意味の名前の通り、時が経つのを忘れてしまいそうです。

9:00~17:00
拝観料(茶菓付) 大人 800円
http://www.hosenin.net/


●無鄰庵
明治・大正の元老 山県有朋が京都に建てた別荘「無鄰庵」。
敷地の大半を占めるのは、山県有朋の指示のもと小川治兵衛が作庭した池泉廻遊式庭園。
東山を借景として、芝生を敷き、疎水の水を取り入れた開放感のある庭園は、明治時代の名園として、国の名勝に指定されています。
母屋の1階で庭園を眺めながら、お抹茶をいただけます。

9:00~17:00(入園は16:30まで)
抹茶 300円(お菓子付)(※別途、入園料400円)
http://www.city.kyoto.jp/bunshi/bunka/murin_an/murin_an_top.html


休日は緑をみて、のんびりしたいですね。

You Might Also Like

0 コメント

Popular Posts

Like us on Facebook

twitter