香りを楽しむ・香りでもてなす

木曜日, 3月 14, 2013

最近、帯揚げからふんわりいい香りがするなあと思っていたら、母が匂い袋を箪笥の引き出しに入れてくれていたようです。着物を着るたびに、ほのかに漂う香りに気分がうきうきします。

すれ違ったときに気づくかどうか、くらいの控えめな香りがまたよい感じです。

茶の湯では、練香や香木を使いますよね。茶室に香りが広がると、なんともいえず心が落ち着いて、気持ちが自然とお茶に切り替わります。

香合もかわいくて好きです。



その他のお香は、ふだん、あまり接する機会がありませんでした。でも、きょう初めて、円すい形のお香をたいてみて、ちょっと感動しました!あっという間にいい香りが広がって、そのままの形で散らばらず灰になるので片づけがとっても楽。

調べてみたら、円すい形はスティック状のものに比べて、短時間で香りが広がるそう。一方で、スティック状のお香は、長い時間、穏やかな香りが楽しめるそう。ほー、なるほど…。

お茶をお出しする前に茶碗を温めておいたりするのと同じように、お客さまをおもてなしするのに、日本の香りをもっと気軽に使いたいなぁと思います。

You Might Also Like

0 コメント

Popular Posts

Like us on Facebook

twitter