この春行きたい展覧会パート2 「明治・大正期の京菓子」

水曜日, 3月 06, 2013

お茶といえば、切っても切れない関係なのが、お菓子。

もちろんお菓子をいただくのも大好きです。

京菓子資料館は、俵屋吉富 烏丸店の北隣にある京菓子文化の資料館。
NHK大河ドラマ「八重の桜」にあわせて、企画展「明治・大正期の京菓子」が開催されています。



展覧会では、明治や大正時代の菓子図案帖から京菓子が再現されるほか、広告や和菓子の将来を語った書籍など、貴重な資料が前・後期に分けて展示されます。入館無料なので、気軽に見に行けますね。

なお、期間中、一階の立礼席の茶室「祥雲軒(しょううんけん)」で、お抹茶と本展にちなんで創作された上生菓子がいただけます(茶席券 700円)。

どんなお菓子なんでしょう?むむむ…気になります。
ぜひ食べてみたいですね。

「明治・大正期の京菓子」
【前期】1月4日(金)~3月25日(月)
【後期】9月5日(木)~12月22日(日)
10:00~17:00
休館日:水曜日
京菓子資料館
〒602-0021 京都市上京区烏丸通上立売上ル

You Might Also Like

0 コメント

Popular Posts

Like us on Facebook

twitter